街金には要注意

さて、サラ金を利用する上でぜひ気をつけたいのは安心、信頼できる業者を利用するということです。この点で注意したいのはサラ金の中には街金と呼ばれる業者がいることです。街金とは一般的に小規模な消費者金融業者を指します。しかし、中には違法な営業をしている業者もいます。そうした業者を利用するとどのようなデメリットがあるのでしょうか。

まず、違法な営業をしている業者は貸金業法を守っていないので、金利が高いというデメリットがあります。サラ金業者の上限金利は18%ですが、街金業者の中には18%以上の金利を設定して融資をしています。金利が高くなるとそのまま返済額にも大きな影響を与えます。本来なら払わなくてもいい金利を払うことになってしまうのです。

さらにどのようなデメリットがあるのでしょうか。それは取立てが厳しいということです。以前、サラ金の取立てが厳しいことが社会問題になりました。そのため、現在では貸金業法で厳しい取立てを禁止しています。しかし、街金業者の中には法律に関係なく厳しい取立てをしているところもあります。返済が滞ると怖い思いをする可能性があるのです。このように街金を利用する際には十分に注意しましょう。